留学生のアルバイトはどんな在留資格?”資格外活動”について解説!

今ではよく見かけるコンビニやファミレス、居酒屋でアルバイトする外国人の姿。

今回は留学生や日本人の配偶者の方が収益・就労活動(アルバイト等)をする場合の在留資格について徹底解説していきます!

資格外活動とは?

資格外活動とは、本来の在留活動がおろそかにならない程度の収益・就労活動(アルバイトなど)を行うことができる制度です。また、風俗営業関係の業務に就くことはできません。

これは法務大臣が、資格外活動を認める場合に限り許可されます。

どんな人が対象となるのか

在留資格:外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習、文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在

は、それぞれの在留資格について定められている在留活動に限って行うことができ、その許容される活動以外の収益、就労活動をすることはできません。

しかし臨時的に在留資格に許容される活動以外の収益・就労活動をする場合、地方入管局・支局・出張所に申請して、”資格外活動許可書”または”資格外活動許可”により新たな在留カードが交付され、”資格外活動”の許可を受けることができます

許可の申請にあたっては、手数料は不要となります。

※短期滞在、研修、技能実習は、それぞれの在留資格の性質上、資格外活動は許可されていません。

資格外活動の内容とは

許可の内容としては、

1.週28時間以内の収益・就労活動(風俗営業除く)を認めるもの(職種等を指定しない包括的許可)

2.活動を行う公私の機関、業務内容等は個別に指定して収益・就労活動を認めるもの(個別指定許可)

があります。ただし、”留学”の在留資格の方は、他の在留資格にはない特例的な措置が認められています。

留学生に限られた特例的な措置

カフェでアルバイトをする女性特例的な措置とは、週28時間以内の収益・就労活動を認める包括的許可が与えられますが、在籍する教育機関が学則で定める長期休業期間があるときは、1日につき8時間以内の収益・就労活動が認められます。

また、留学の在留資格をもって在留する者で大学または高度専門学校において、教育を受けるものが当該大学または高度専門学校との契約に基づいて行う機関または研究を補助する活動に対する報酬に関しては、受け取ることができます。

資格外活動に制限がない在留資格とは

一定の身分または地位に応じて定められている在留資格で、”永住者”、”日本人の配偶者等”、”永住者の配偶者等”、”定住者”に関しては、収益・就労活動を行うことについて特に制限はなく、自由に活動できます。

まとめ

よく見かける外国人アルバイトの方々ですが、週に28時間以内の就労が認められていることがわかりました。

また、留学生の方に限っては、通常1日4時間までの就労が、夏季休業中には1日8時間まで延長されるのもチェックポイントです。

1点気を付けることが、アルバイトをする際には地方入管局・支局・出張所にきちんと申請しましょう!